警固の「trene」「アルバス写真ラボ」

2009.05.13 Category Design, お店

0018

ミヤギさんとの打ち合わせ、せっかくだから…と呼んで頂いて、
cafe sones」「icone」に続いてミヤギさんが新しく設計されたお店「trene」に行ってきました。
うちから歩いて5分の好立地。わっぱ定食堂の近くです。

0027

1969年に建てられた古い建物(大和ハウスの福岡建築第一号らしい…)を
リノベーションして、「trene(デリ・バル)」「アルバス写真ラボ(写真店・ギャラリー)」の
4種類のスペースが収まっています。それぞれのスペースにはドアが無いので
なんだかドラクエのお店みたいになっていて、ゲーマー心をくすぐります。

0037

たまたま居合わせたこどもプロジェクトの目黒先生と、画家のYABUさんをミヤギさんに紹介して頂きました。
気付いたら目黒先生も打ち合わせに入って来られて、なんだか面白いことに。
YABUさんも以前から「どんな人なんだろう…」と気になっていたので、お会いできて光栄でした。
かっこいい男子だった(緊張してあまり話せなかったけど)。

写真に写ってるテーブルはミヤギオリジナルなんですが、
天板はいつもお世話になってる木材のメーカー「中村」さんのものです。
お客さんの製品が使われるのって、嬉しいですね!
ミヤギさんは他にも椅子とか照明をデザインされています。

0046

アルバス写真ラボの方は壁のグリーンが素敵な写真屋さん(デザインは別の方だそう)。
デジタルカメラが中心になり、街の写真屋さんがどんどん無くなっているなか、
銀塩写真を残していこうという、カメラマンのさかいさんがオーナーをされています。

今回はショップカードを活版印刷ができるお店を紹介して欲しいという
連絡を頂いて、活版所を紹介させて頂きました。
間接的にではありますが、少しでも関われてうれしいです。
(WEBサイトはオカさんたちが製作中みたいだし、みんな繋がってるなあ)
デジカメの現像もできるそうなので、今度持っていこうーっと。

写真は物販スペース。カメラや写真に関わるあれこれが並んでいて、
ここだけでも見ていて楽しいです。この日はたまたま雑誌「Re:S」の
編集長・藤本さんと写真家の伊藤さんも取材にいらしていて、
またまたお会いできて光栄でした(帰ってさっそくりすラジオを聴いたりした)。

0056

2階はスタジオ&ギャラリーになっていまて、とてもかわいい空間でした。
セレクトされた写真集や絵本も素敵でした。
あと気になったのは写真のハンモック。「いつかはハンモック」と思っているので
今度こっそり試乗してみよう〜っと。

近所にこんなに気持ちのいい場所が出来て、とても嬉しいです。
今度はランチに行ってきます!


【場所】
福岡市中央区警固2-9-14(google map

trene
TEL092-791-9544
11:30~26:00(ランチタイム11:30~15:00/カフェタイム15:00~18:00/
バルタイム18:00~26:00)

アルバス写真ラボ
TEL092-791-9335
11:00~20:00

miyagi masako architect design office 日々の日記.
ソネス3号店 Trene お引き渡しまで、あと2日!
デリ+バル trene + albus写真ラボ お引き渡し終了!
デリ・バル trene+albus 写真ラボ OPEN!

↑ミヤギさんのブログに製作中のドキュメントが載ってますので、
こちらも読むとより楽しめること請け合いです。


Comments

  1. HP、更新致しました♪ | 宮城雅子建築設計事務所 お仕事のウラガワ日記. Says:

    […] treneさん、albusさんの工事も無事に終わり、色々と整理を、と、まずは、HPの更新を。 […]

  2. OLYMPUS PEN EE3がやって来た | tarolog Says:

    […] 近所に出来たアルバス写真ラボのさかいさんに、フィルムの装填の仕方から教えてもらいました。 […]

  3. 紙ものまつり in 福岡に行ってきた | taromagazine™ Says:

    […] 先日お伝えした「紙ものまつり in 福岡」、初日と最終日にお邪魔してきました。 写真は最終日の夕方、お友達が写りすぎの図。みんな紙が好きなのね! 大分のqmoriさんと「行けなくて残念!」「写真撮ってきますぜ!」と 約束していたので、許可を頂いて押さえて(業界用語)きました。 緊張して慌てて撮ってしまったので、実物は5割増と思っていただきたいです。 最近雑貨離れが進んでいたせいもあって、見たことのないカードがいっぱい! 手前のコースターは活版印刷、意外と洗練されたものが多いので、素朴なイラストが逆に新鮮。 リトルプレスが100冊!のコーナー。もっとゆっくり見たかった…。 初日の夜には「もみじ市の作りかた」と題して、 多摩川沿いで2日で3万人を集めるという「もみじ市」についてのおはなし会がtreneさんで行われました。 手紙社さんではこうしたイベントも「編集」の一環として捉えられているそうですが 参加者の方、大勢のお客さんに対しての向き合い方(ここだけの話、とのことだったので詳しくは内緒!)には 「ここまでやるか(笑)!」と、とても感銘を受けました。 やはりいい物を作るには、手間暇を惜しまないことですねえ…。 主に女性を中心に満員のお客さんが来られていましたが、たぶんみんなそれぞれの立場で いい影響を受けていたと思います。楽しいおはなし会、ありがとうございました。 その後は同じtreneで手紙社の北島さん、わたなべさんを囲んでお食事会。 treneさんのご飯は久しぶりだけど、やっぱり好きだなあ。 スズキとグリーンピースのグリルが美味しかったです。 この日はあまり緊張せずに、すごーく自然でいられた気がします。 同席していた皆さん、ありがとうございました! 今日のお手紙 http://tegamisha.com/ <おまけ> 紙ものまつりでもいろんな作家さんが使われていた大阪のレトロ印刷JAMさんですが、 メランコフというフリーペーパーさんが工場見学&インタビューしています。 印刷代がものすごくお手頃価格なので、かなりシステマチックな仕組みなんだろうなあと 思っていたら、手作業の割合がすごーく多くて本当にびっくりしました。 ファン必見の内容だと思います。タムくんのインタビューも載ってますよ! Tweet « 2011年6月1日と、何かを作ることについて。 RELATED POSTS 警固・赤坂・桜坂 スタンぷらりぃは5/10(火)まで […]

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.