2009年に買った/借りた音楽から7枚

2009.12.28 Category 音楽

61FStbnKx-L._SS500_
年賀状、書いてますかー?
僕は毎年、お正月にこたつの中で宛名書き…が定番だったのですが、
今年は何とか年内には全て投函出来そうです。良かったー。

さてさて、他の人のブログや音楽サイトを見ていると、今年のベスト〇〇みたいな記事が
あって、面白いなーと思ったので、今年は真似してやってみることにしました。
僕の今年のベストアルバムは、エンケンこと遠藤賢司さんの「君にふにゃふにゃ」です。

エンケン、初期の曲や演奏は大好きだったのですが、中期以降のテンションの高さには
ちょっと置いていかれた感があって、あまり聴いていなかったんです。
が、今回のアルバムで再復活(自分の中で)!

5曲目の「僕の音楽は本当に良いの」
僕の音楽は本当に良いの/僕が頑張って歌い続けている年寄りだから僕を誉めるの/
僕はそのお世辞にのって調子にのってるだけなの/今とても自信がないよ

6曲目の「おぉい!みんな!」
俺はいつだってちゃんとやってるんだ/おぉい!なのにちきしょお/
おぉい!世界中の何もかもぶっ殺してやる/おぉい!

という流れを経て、最後に辿り着くラストの
「君にふにゃふにゃ (エレキ編)」→「フォロパジャクエン NO.1」の、この流れ!

フォーク・ロック・パンク・ジャズ・クラシック・演歌/
人間が平等であるようにあらゆる音楽は平等だ/良ければ良い、それだけだ!!

血湧き肉躍ります。そーだそーだ!!
今年のライブ、行けば良かった!!



この演奏より実際のCDの方が好みなんですけど、これが出来る62才って凄いですよね。

…と、エンケンの素晴らしさを書いたら満足したので、
あとはさらっと並べてみようと思います。


◎2009年リリースの洋楽から3枚ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
洋楽は主に仕事中のBGMとして買ってます。

Fleet Foxes + Sun Giant EP(フリート・フォクシーズ + サン・ジャイアントEP)
Fleet Foxes/Fleet Foxes + Sun Giant EP
ガツン!と来る一枚ではないんですけど、今年はこれが好きで繰り返し聴いてました。
シアトルのバンドです。聴く度に、ああいいなあと思える部分が増えて行く感じ。
ジャケットのアートワークも、凄く好み。

Sing Along to Songs You Don't Know
Múm/Sing Along to Songs You Don’t Know
アイスランドのMúm、これまではインストっぽい曲が多いイメージだったのですが
このアルバムは一気にポップになりました。クリスティンさんの声がとにかく可愛い。
Múm、今年は原田知世さんのアルバムに参加してました。

Popular Songs
Yo La Tengo/Popular Songs
大好きなアメリカのYo La Tengo、今回のアルバムはラスト2曲がインストで、
それぞれ10分近くの長い曲なのですが、こうした曲こそ本領発揮!という感じで
ますますヨラテンゴ愛が深まった2009年でした。
Pitchforkでのライブ映像も相当かっこいいです。


◎2009年リリースの邦楽から3枚ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
邦楽は、単行本みたいなイメージ。そして全てeさんが買った3枚という…

魂のゆくえ
くるり/魂のゆくえ
くるり、毎回、コンセプトを明確に変えながら、しっかりそのスタイルを確立させて
次のステップにどんどん登っているような感じがしています。
今年はZepp福岡、京都音博、DRUM LOGOSの3箇所のライブに行ったけど、
Zeppの演奏(アルバムのリリースツアーだからかも)が一番好きだったな。

三文ゴシップ
椎名林檎/三文ゴシップ
まさか椎名林檎名義でのアルバムが出るとは夢にも思いませんでした。
全部で1つの曲!みたいな流れる展開が素敵で、今だから作れる一枚なんでしょうね。
これには入ってないけど、「ありあまる富」の曲とPVが好きです。

告白
チャットモンチー/告白
チャットモンチーに関しては、とにかく良い!としか言いようが無いので
聴いたことが無い人は、アルバムを聴いてみるのをおすすめします。
あとはジャケットのデザインがもうちょっとマシになれば…。

私事としては、制作に関わっている龍馬街道というサイトで、
ドラムの高橋久美子さんから
メッセージを頂けた
のが嬉しかったです。
会議室で冗談交じりに話していたら、まさか実現するとは!

…という感じで並べてみました。iTunesで「スマートプレイリスト」という機能があって、
「2009年に追加した曲」「2009年リリースされた曲」とかで一覧を作ることができるので、
興味のある方はお試し下さいませー。


Comments are closed.

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.