iPhoneゲームレビュー「AVATAR」

2010.01.26 Category game, iphone, iPhoneゲームレビュー

01
お正月に購入したiPhone用ゲーム「James Cameron’s Avatar(800円)」、
なかなか遊ぶ時間が取れなかったのですが、
ちょこちょこ遊びながらようやくノーマルモードでクリアしました。
先日観た映画「アバター」のゲーム版です。

いやー面白かった!これまで遊んだリッチ系iPhoneゲームの中では
一番の出来かもしれません。開発は、「アサシンクリード」、
「ヒーローオブスパルタ」などの携帯機アクションに強いメーカー、GameLoftです。
ここの作るゲームは国内外の他社と比べると明らかに完成度が高く、
携帯電話用アプリ開発で培われた実力が伺えます。

03
プレイヤーはジェイク・サリー…ではなく、ジェイクよりも前に
パンドラに到着したアバター「ライアン・ロレンツ」として
衛星内を探索することになります。

序盤は完全な3Dアクション。iPhone 3Gでも比較的軽快に動作します。
CG中心の映画が原作なので(?)RGBの発色を活かした
美しい映像が楽しめます。

04
アクションゲームとしての基本的な反応も良好。
走る、飛ぶ、壁につかまるなどの動作がとても滑らかで、
プレイヤーとの一体感(僕はここを重視するので…)が生まれます。

05
戦闘はいわゆる「無双」方式。
プレイヤー側にも仲間が加わることもあり、
最大で4対6、ぐらいのキャラクターが入り乱れます。
「棍棒」「弓」「アサルトライフル」の3種類を切り替えながら、
それぞれに用意されたコンボを使って戦います。

基本的なコンボなら、ボタン押しっぱなしで発動するので
アクションゲームが苦手な人でも、ボタンを押しながら間合いをとっていれば
何とかなる難易度なのでご安心を。

6
この戦闘がすごく良く出来ていて、中盤以降、同じようなシチュエーションが
続くことも多いのですが、上手く飽きないように出来ています。
モーションもかなり格好いいです。特にアサルトライフルが好きだなー。
まさかアバターで「ガン・カタ」を見られるとは思いませんでした(笑)。

近未来的な世界観で、原始的な武器で戦う感じが
ちょっと「ファイナル・ファンタジー」的な感じかも、なんて
映画と同じ感覚を受けたりします。

8
戦闘でもらえる「木の精」を集めると、特殊攻撃時に発動する「スキル」が
増えて行きます。こういうの、地味だけどモチベーションになったりしますよね。
それぞれの武器も、ストーリー毎に3段階に強化されますよー。

7
中盤では一転、村で依頼を受けてミッションを行う
RPG要素が入ってきます。結構フィールドが広いのですが、
ここからは馬(ダイアホース)が使えるようになるので大丈夫。
馬で現地に急行→バトルが基本的な流れです。このあたりのグラフィックは
本当に綺麗で、ため息が出ちゃいます。

9
途中では、アバター名物「イクラン」に乗ることもありますよー。
いわゆるシューティングステージですが、正直面白くないので
1箇所だけで発生するイベントで安心しました。
(この辺りはちゃんと飽きられないように考えてるなーと思います)

10 11
そして後半の展開!
中盤ですこしゆっくりした展開だったのが、映画でもお馴染みの
キャラクターが登場して、一気にラストへと向かっていきます。
イベントが多く、テンポも良いですし、プレイヤーも強化されているので
相当気持ちいいですよー。

ラスボスも歯ごたえがあったし、iPhoneゲームはあっさりしたエンディングが
多いのですが、これは結構頑張っていたと思います。
800円分の価値は充分あると思いますので、画面写真で興味が出てきた方は、
ぜひぜひ遊んでみてくださいね。

今のiPhone 3Gから新機種に機種変更したら、動きももっと滑らかに
なると思うので、もう一度ハードモードで遊びたいです。

ではでは。


James Cameron’s Avatar800円
James Cameron's Avatar



↓おまけ。プレイ中に撮っていたスクリーンショット集です。
http://www.flickr.com/photos/misaquo/sets/72157623285007896/


Comments

  1. taromagazineが選ぶ、2010年iPhoneゲーム大賞(前編) | taromagazine™ Says:

    […] tarologでも紹介していたのですが、アバターの世界をかなり高いレベルでゲームと融合させることに […]

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.