東京カリ〜番長「Hakata Nights」に行ってきた

2010.04.13 Category D40, 福岡の飲食店, 福岡ローカル情報, 食べ物

001
以前お伝えした、東京カリ〜番長のイベントが4/10[土]に行われました。
eさん姉弟&いつものお友達のみんなで参加してきましたよー。
会場は西部ガスさんの新しい料理の複合施設「食文化スタジオ」。
そう言えばこのイラストのキャラクター、元ネタはスタープラチナ(ジョジョ)ですよね…!

002
ババーン!カリ〜番長があらわれた!!
今回は7人組の番長たちが、それぞれのブースに別れてカレーを作って振舞う
「カレーライブ」というのがメインのイベントです。
みんなカレーが好きそうなお顔ですよね(褒めてます)。

乾杯とともにスタートして、まずは九州7県の食材で作られた
「ウェルカムカレー」をみんなで食べました。
この施設は普段は料理教室やセミナーに使われるそうですが、
出来たばかりということもあり、内装や調理器具がピカピカで惚れ惚れします。

003
充実のスパイスたち。男のロマンですね…と思いきや、普通にカレールウを使う番長も。

006 005 008
次々にカレーが出来上がり、名前を書いて壁に貼っていくのですが
事前にどんなカレーを作るかは番長同士であらかじめ決めていないそうで、
お互いの作るものを見ながら、「あ、じゃあ俺はこれを入れよう」という感じで
その場のノリで内容が変わってくる感じは、確かにライブだ!と思いました。

004
出来上がったらそれぞれの番長の前にお米を持って並び、
カレーを注いでもらいます。人気のあるカレーとそうでないものが
はっきり分かれて、面白かったなー。

3枚の食券を渡されて、カレーを3回食べることが出来るのですが
最後の方はフリーカレーになってましたよー。

007
途中では調理主任の水野さんによる、基本のカレーの作り方講座も。
ターメリック(うこん)、ガラムマサラ、クミンの3種類があれば
バリエーションは無数に広がるそう。
玉ねぎも、弱火でじっくり炒めずに、強火で炒めていて驚きました。

水野さんはハイテンションな番長たちの中では一番物静かで
ひたすらカレーを作り続けていました。
その姿には職人というか、求道者的なものを感じたのですが
こういうカッコ良さに憧れる女性も多いのではないでしょうか…。

009 010 (最後はトンネルでお見送り!)

番長たちは終始賑やかでお話も面白く(音響がちょっとだけ聴き取りづらかったのが残念)、
お客さんも大勢集まって、かなり盛り上がっていました。
カレーも、あんなにスピーディーに作っているのに本格的で、美味しかったー!
一日で色んな種類のカレーを見ることが出来て、カレーに秘められた
無限の可能性の一端を感じることが出来た気がします。

お仕事関係の方や、このブログを読んでくださっている方にも
初めてお会いすることも出来たり、とっても嬉しかったです。
番長たちにも、またどこかで会えますように。


東京カリ~番長のブログカレー
http://blog.excite.co.jp/tokyocurry/


Comments

  1. カツタロウ Says:

    お、行かれましたね。
    水野さんは大学の同窓生でもあるのですが、以前明治大学で開催されたカレー講座でも講義を受けたことがあります。
    彼はカレー探求者って感じですね。カレーを求めて世界各国へ行かれているようですし。
    本も何冊か出されているので機会があったらチェックされることをおすすめします!

  2. やまうちーの Says:

    カレー、いいよね、カレー。毎日食えるぜ。
    東京カリ~番長かぁ。こころときめくねぇ。

  3. タロウ Says:

    カツタロウさん>
    はい、行ってきました(笑)!
    カレーの本は会場で拝見したのですが、これまで見たことの無いような
    ビジュアルが載っていて、とっても刺激的でした。

    ホント、探求者って感じですよね。
    もっとお話をいろいろ聞いてみたいなあと思いました。
    講義、うらやましいです!
    カツタロウブレンド&カレーの会みたいなの、希望です♪

    やまうちーのさん>
    僕もカレーだったら毎日でもいいです。
    個人的には薬院の「cafe sones」というお店のカレーがイチ押しなので、
    近くに来られることがあったら行ってみてください!

  4. 「お店のフシギ研究所」Webサイトデザイン | tarolog Says:

    […] 福岡市・薬院2丁目バス停の向かいに出来た「お店のフシギ研究所」の 制作を担当させていただきました。ちょっと変わった名前で 初めて見る方は「?」となってしまいそうなので、説明を。 この研究所を運営されている株式会社プロセスプラスさんは、 元々は店舗や商業施設のデザイン・プロデュースのほか、 店舗物件専門の不動産を取り扱う会社として営業されていたのですが (先日お伝えしたカリー番長が来ていた料理教室・食文化スタジオの運営もされています)、 もっと一般の方のお店づくりや、お店に関わるデザイナーさんや工務店さん、 食材を提供する農家の方などをつなぐお手伝いをしたいということで 通りに面したこの場所に引越しされたそう。 「研究所」という名前ですが、一般の方が気軽に入れる場所ですので 飲食店をこれから始めてみたい、今のお店を何とかしたいという方は ぜひ一度、訪ねてみることをお勧めします。 代表の黒木さんは、『黒子』という黒ずくめのファッションがトレードマークの素敵な女性で、 食文化スタジオの他にも福岡・浄水通りにできたフランス料理KOJIMAや 天神IMSの美容室AVEDA、熊本のジェラールミュロなど、 さまざまなお店のデザインやプロデュースも行われているので お店づくりを強力にバックアップしてくださること間違いなし!だと思います。 今回のお仕事はCIなどのアートディレクションを担当された元カジグラの梶原さんから お誘い頂いて、Webサイトの他にも案内状やフライヤー、名刺まで デザインさせて頂きました。 また、お友達のコピーライター・あわさんとも初めてお仕事することが出来たのですが、 コピーライターさんの視点が入ることでネーミングやサイトのコンセプトが 一気に決まって行くダイナミックな流れも感じることが出来て、 やはり言葉のプロはすごい!と感じました。 リニューアル前のサイトを担当されていたケイブレインズさんとも 物件検索のシステムで上手く連携させて頂いて、納得の行くお仕事が出来たと思います。 みなさん、本当にありがとうございました。 まだまだ出来たばかりのサイトですが、更新などのお手伝いもさせて頂く 予定になっていますので、今後の展開にもご期待下さい。 (今日は事務所の皆さんにTwitterとWordPress講座の日でした。公式アカウントはこちら) お店のフシギ研究所 by 株式会社プロセスプラス http://www.processplus.jp […]

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.