本物の「博多通りもん」を見てしまった

2010.05.06 Category LUMIX LX3, イベント, 写真, 旅行, 福岡ローカル情報

001
ゴールデンウィーク中に、eさんのご両親が福岡に遊びに来られていたので
200万人が見ると言われる博多どんたくを見物に行きました。
福岡市に9年住んでいるけど人ごみが苦手なので、敬遠していたのです。

003
…武士…?

002
どんたく、何が行われる祭りなのかよく知らなかったのですが、
伝統的な博多のどんたく隊はもちろん、全国や海外からも色んなどんたく隊が
参加していて(島原阿波踊り、日向ひょっとこ、米軍マーチングバンド…)、
それぞれのキャンペーンガールさんやご当地ゆるキャラなども楽しめ、
炎天下でなければけっこう面白いお祭りなのでは…と思いました。写真の「天草ハイヤ」にも感激!

004
そんな中、よく行く文房具屋さんの一つ、「JULIET’s LETTERS」さんを見ると
なんだか店内が賑やかなような…



なんと、店内で老若男女がしゃもじを持ってダンシング!
普段の静かな店内を知っているだけに、この非日常感は面白い!
調子に乗ってカメラを回していると…



…そのまま2曲目に突入しました。
しゃもじをタンバリンに持ち替え、さらにテンションが上がっていきます!
にわか煎餅のお麺も素敵!うわー、これは良いものを見たなー。

踊りが終わって出て行く皆さんの一人をつかまえて訊くと、
こうしてお店をまわって踊るのが「通りもん」と言って、博多どんたくのルーツなんだとか。
通りもん、博多ナンバーワンの銘菓の方しか知らなかったので、これは勉強になりました。
※正確に調べたわけではないので、ご注意くださいね。

005
その後、どんたく隊の皆さんには、お店の外でパンや飲み物が振舞われていました。
毎年15軒も回ってるんですって。すごい!
ちょっと違うけど、仮装してお家をまわって食べ物をもらう感じって、
ハロウィンみたいだなーなんて思いましたよー。

面白いものを見て、地元愛が高まった気がする2010年の博多どんたくでした。


Comments are closed.

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.