<Swiss 02>世界の車窓から(イタリア編)

2010.07.28 Category スイス, 旅行


旅行2日目。早朝にイタリアに着いたので、シャトルバスでミラノ中央駅へ。
いきなり伊達男風の人たちが大量に乗っていて、驚きました。
(左の彼は到着後、待っていた恋人と熱い抱擁を交わしていました。さすが!)

そしてみんな電話をしている!車内で常時2〜3人が電話をしている状態で
よく見ると、運転手さんまで私用っぽい電話中!
すれ違うトラックの運転手さんのほとんども、電話中でした。危険過ぎる…。

日本人は電車の中で携帯をずっと触っていて気持ち悪い…みたいな論調がありますが、
こっちの人がただおしゃべりが好きなだけなんじゃ?と思った次第。


すれ違うトラックの、イラストやロゴを見るのが楽しい。
これはヨーグルトだと思うんですけど、モチーフは昔っぽいのに
かわいくアレンジされてて好印象。


2時間後、朝の通勤ラッシュに巻き込まれつつ、無事にミラノ中央駅に到着しました。
駅前だというのにフリーダムな駐車っぷりすぎる…。
写真には写っていないのですが、外観がボロボロの駅舎に入っていくと…。


なんだか旅気分が盛り上がる、素敵なプラットフォームに到着!
ここ、何かの映画で見たことがあるような気がします。


で、僕たちはこの電車で、国境付近の町「ティラーノ」へ。
ヨーロッパの電車は改札が無くて、写真右の小さな黄色い箱にチケットを通して
検札するんだそう(eさん情報)。そのまま乗ると罰金を取られるそうで、
二人で来ていて良かった…。


車内はこんな感じでした。光の関係で綺麗に見えるけど、かなりボロボロ。
冷房が無い代わりに、窓は全開です。
個人的には冷房が苦手なので嬉しいけど、空気抵抗で燃費が悪くなったりしないのかな。



せっかくなので持参したiPhone4で動画を撮ってみました。「世界の車窓から」ごっこ!
指が映ってるのはご愛嬌ってことで。列車は街を抜けて…


大きな大きな湖のほとりを進み…


葡萄畑を通りすぎると…


2時間後、列車はティラーノの町に到着しました。
世界遺産「ベルニナ急行」の、スイスに入国する出発駅ということで
(僕たちもこれが目的!)小さな観光地として賑わっているようでした。


ベルニナ急行、旅行前にWebで座席を予約しようと思ったら満席だったので
当日に空席があったりするかなあ…と思いつつ、窓口に行ったら
割とのんびりした雰囲気で、あっさりチケットが取れちゃいました。
ヤカベさん、情報ありがとうございました!)


出発まで時間があったので、ここでランチタイム。
レストランの入り方がいまいち分からず、苦戦しつつ
なんとか入れたお店でお昼を食べることに。僕はラビオリにしました。
小麦粉感溢れる食感で、ちょっとイマイチ…。


eさんが注文したラザニアは美味しかったです。
カフェっぽいところに入ったからか、お水も注文して2人で1000円程度と
妙に安かったなー。

もうちょっとイタリア気分を満喫したいところですが、列車の時間になったので、
これからベルニナ急行に乗り込みます。楽しみ!


Comments

  1. megumi* Says:

    お帰りなさい〜☆
    タイトルと絵がマッチしすぎで(笑)。。。
    番組の最初に流れる曲が
    ずーーっと脳内リフレインしています。。
    TARO先生の思惑にまんまとハマりましたw^^;;

  2. タロウ Says:

    ただいまですー。
    世界の車窓から、小学生の時から好きだったので
    こんな感じで列車に乗れる旅行、とっても楽しかったです!

    音楽、流れますよね(笑)。

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.