京都音楽博覧会2010の覚え書き

2010.10.08 Category イベント, 京都, 音楽


「音博」こと、くるり主催の京都音楽博覧会に行くのは昨年に引き続き2回目。
今回からメインステージの隣に小ステージが設けられ、セットチェンジの時間が
短縮されましたが、逆に休憩時間が取れなかったりして大変だったかもしれません。

あとで自分で読み返すために、出演者それぞれの印象をざっくりとメモっておこうと思います。
※セットリストとか詳しいレポートをご希望の方はこちらへどうぞ


1.くるり ザ・セッション

以外にも1番手だった、くるりと森さん、たっしんさん
(途中からbobo氏&ハンバートハンバート佐藤さん)によるセッション。
前回のくるりが自分の中で消化不良だったのですが、今回は最初から
「東京」「ワールズエンド・スーパーノヴァ」「ロックンロール」あたりを消化してくれたので
(しかも演奏が素晴らしかった!)、ラストのくるり(単体)への期待が高まります。

言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)
直前に発売された「言葉にならない、笑顔をみせてくれよ」が自分にとって
ここ数年のくるりのアルバムとしては一番のヒットだったので、
あんまり昔の曲は聴ききたくないなー、と思っていたんですよ…。


2. andymori

事前に聴いておいたアルバム、最初はイマイチだなーと思っていたんですが
聴いているうちに「これは現代のThe Smithsかも(褒めすぎ)…」と、
すっかり好きになってしまった3人組。

andymori
歌詞の言葉選びが独特なので、文化系の雰囲気の人たちかしら…と思っていたら
意外と肉体的な演奏で、いい意味で裏切られました。
ほとんどの曲が2分程度で、飽きる前に次の曲、次の曲…と続いていくのが気持ち良かったです。

ボーカルの小山田くん、ちょっとミネタ的な変態感を感じる表情で良かったなー。
ちなみにベースの人がスミスTシャツを着てました。ビンゴ!
ドラムの人はこのあと脱退…。そういう意味でも貴重なライブだったかも。


3.遠藤賢司

初めて見ることの出来たエンケン。
yumでも紹介させていただいた「フォロパジャクエンNo.1」に始まり
「満足できるかな」「夜汽車のブルース」「夢よ叫べ」の全4曲。
一人でギターを弾きながらドラムを叩き、ブルースハープを吹く…と書くと、
なんだかキングギドラみたいな印象ですが、ホント、エネルギーの塊のようなお方です。

君にふにゃふにゃ
音博の会場の隣にはJRの施設(だったかな)があり、たまに汽笛の音が聴こえてくるのですが
エンケンが「シュッシュッポッポーォォォォォ!!!」と叫んだ瞬間に
たまたま勢い良く汽笛が鳴ったシーンでは、拍手喝采!
ライブ自体はもっと狭い空間で、じっくり向きあって聴きたかったなあという印象でした。


4.世武裕子

くるり「愉快なピーナッツ」で素敵なコーラスを響かせる、世武さんのソロ。
お昼を買いに行っていたので途中からしか聴けなかったのですが、
ちょっと綺麗にまとまりすぎかも…と感じました。
特に今回のラインナップが変態揃い(いい意味で)なのでちょっと気になったかも…。



5.京都魚山聲明研究会

このときは体力が尽きて熱中症になりそうだったので、離れたところにあった小川に避難。
相当暑いであろうステージの上で、いわゆるお坊さんフル装備で坐禅の姿勢という
環境に耐えられるというだけで凄いのですが、初めて聴く聲明(お経に節をつけて歌う音楽)は
声だけで演奏する雅楽のような雰囲気で、何となく菅野よう子先生の
マクロスプラス」を思い出したりしました(懐かしい!)。

ちょっとトランス状態を引き起こしそうな音楽で、暑さのせいもありクラクラして
途中からはあんまり記憶がないけど…。


6.二階堂和美

今まで二階堂さんはカフェでのライブしか見たことが無かったのですが、
会場が広いせいか、いつものライブ以上に開放された感じで
のびのびと歌っていらっしゃいました。楽しかったー!
「宿はなし」もすごく良かったし、初めて見てファンになった人も
多いんじゃないかなーと思いました。



7.ジム・オルーク

今回、一番楽しみにしていたジム先生。これまで北九州トリエンナーレの
現代アート的なパフォーマンスとか、細野さんのバンドで演奏しているところしか
見たことが無かったので…。

この日の先生は白地のチェックのシャツに緑のカーディガンで、髪型もそっくりなので
内心(スクール・オブ・ロックだ!)と思いながら見てました。

Insignificance

事前の期待としては、バンド編成らしいので「Insignificance」みたいな曲が聴ければ…
と思っていたのですが、バッチリ2曲が演奏されて

「あのアルバムの音、このギターから出てたんだ!」
「そうそうこの声、ずっと聴き続けている声だ!」

と内心、大興奮してました。やっぱりこの人の音楽、好きすぎる。
それぞれの曲は静かにスタートするのですが、途中からどんどんイメージが広がり
大きなうねりへと変化していく気持よさ、ジムさんのヴォーカルのやさしさは…
そう、「やさしさ」っていうのが大事なんだなあと思います。

どれだけ曲が激しく変化しても、全体がやさしさで包まれているから
この人の音楽には安心して身を任せられるんだなーって。

聴いたことがない曲があったので調べたら、Wilcoの人とやっている
Loose Fur」っていうプロジェクトの曲でした。聴いたことがない曲があるのが
こんなに嬉しいことって久しぶり。今度探してみようと思います。
ライブもフルセットで見たいなあ。


8.THE VENTURES

ベンチャーズ、実は日本人だと思ってました…(告白)。
特に感想は無いけど、演奏の音の太さは凄かったです。安定感も凄い。
途中で参加した岸田くんと佐藤くんが楽しそうでした。


9.くるり

ラストのくるりはいつもの3人+ハンバート佐藤さん+フジファブリックからギターの山内さん。
全員黒のフォーマルな衣装で固めて、気合充分という感じで
演奏にも緊張感があり、「アルバムリリースのツアー?」と感じる程の雰囲気でした。

ラストの「東京レレレのレ」までテンションが持続して、
久しぶりに満足な内容でした(えらそう)。

このあと全国ツアーが発表になったので、今回のライブはそれのテスト版みたいな
内容だったのかな?福岡で聴けるのが楽しみです。



<全体的な感想>

とにかくジム・オルークが素晴らしすぎて、このためだけに来た!と言っても
過言ではないのですが、「NIKKI」「ワルツを踊れ」「魂のゆくえ」と
振り返ればずっとくよくよし続けていたくるりが、やっと肩の力が抜けて
こんなに前を向いた曲を作るようになったんだなあと、ファンとして感慨深かったです。
※文章で書くとえらそうになっちゃうのですが、素直な気持ちなんですよ…!

イベントについて気になったのは、出演者の間隔が短いので休憩時間が取りづらかったことと
会場の外でチケットを買わずに音楽を聴いてる人たち、ですね。

特に後者は街の中(京都駅から徒歩15分)が会場なので、音が周りに聴こえてしまうのは
仕方がないとしても、いい年した大人がイスやパラソル、クーラーボックス持参で
ビール片手にタダ乗りしているのは、いかがなものか。

他の野外イベントならともかく、スポンサーを付けずに手作り間隔で開催されている
イベントなだけに、特に気になりました。


Comments

  1. satela 林 Says:

    andymori うちの事務所でも時々かけてますよw
    ペンガルトラとウイスキーって曲が好きです。ドラムが抜けるのは
    結構残念なんですね。

  2. タロウ Says:

    ペンガルトラとウイスキー、いいですよね!
    このときのライブでもしっかり演奏されてました。

    これを聴きながら指輪を作ると、ノリノリで手元が狂いそうな気もしますけど…(笑)。

    生で聴くとドラムとベースの人の存在感が強かったので、脱退は残念ですね。

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.