山口・阿知須の「てしま旅館」

2009.01.23 Category お店, 旅行

dsc_0224 前回の続きです。YCAMが楽しくて、気付いたら出発の時間に。
今回の目的地、阿知須町の「てしま旅館」に向かいました。YCAMからはバスで30分ほどで
新山口駅→お迎えの車で20分の場所にあります。1968年に創業した古い旅館を、
創業者の孫に当たる今のオーナー(通称:番頭さん)が外観はそのままに4年前に改装したそうです。

ここ、Webサイトのトップページにいきなりダカフェ日記ですか!?みたいな
ブログがあったり、全体的に漂う手作り感と、情報発信っぷりが素晴らしくて
一度泊まってみたかったんです。で、例によって写真を撮って来たので
まとめて載せますねー(文章にすると長そうなので)。

内装・調度品やアメニティはIDEEから無印、改装時にご自分たちで制作されたであろう
さまざまな物が使われていて、統一されたコンセプトがあれば
自然と調和するものなんだなーと感心。良い意味でゆるい雰囲気で、過ごしやすかったです。

洋室タイプを選んでみました。一段高いフロアに、マットレス。この手があったか! デザインは京都の辻村久信さんが担当。右手に見えるアクリル+和紙の照明で出来た柱がきれいです。
浴衣やファブリックなどは全て京都のSOU・SOUさんのもの。このカーテン欲しいです。 古い建物を照明を使って印象的な空間にしていました。アイデア次第なんだなあ…。
ロビー。いかにもデザイン旅館です!みたいな感じではなくて、リラックス出来る雰囲気。 本は自由に部屋に持って行けます。女子向けの生活系の本が多かったなー。ちなみに浴衣は色が選べます。
番頭さんオススメCDも同様に。初めてジョアン・ジルベルトを真面目に聴きました(お恥ずかしい)。 SOU・SOUの足袋や旅館で使われている萩焼の器などは、売店で購入出来ます。

で、こちらは晩ご飯の「山口会席」。普段はビジネスホテル的な宿ばっかりなので、
旅番組っぽい食事はすっっっごく久しぶり。
高級な食材があるわけでは無いけれど、番頭さんと料理人さんのアイデアで
瀬戸内海の食材の魅力が引き出されているようでした。


まずは手鞠寿司やカラスミ大根の前菜でスタート。お酒が飲みたくなります…。 で、5種類の「利き酒セット」を注文してみました。「」、久しぶりに飲んだけどやっぱり大好き。 名物・エビの活造り。小さいけど美味しい!殻はあとで素揚げにして頂きました。
レンコンのお団子にあんかけ。鉄板です。となりは何の貝だったっけ…。 ブリ大根は大根まで素揚げに!ミスター味っ子の精神を感じます。これが一番好きだった。 ここでお口直しのみかんシャーベット。大屋窯の器、相変わらず相当かわいいです。
小さな鉄板で○○牛(忘れた)も焼いちゃう!さあ、19時台の民放ワールドへ! 山口だけにシメはフグ皮のお茶漬けで。もちろんフグ会席のコースもあります 自家製ブランマンジェ「てしまんじぇ」、イチゴ入りで美味しかったー。

すっかりお腹いっぱいなのに、あっさりな味付けだったのも良かったなー。
中居さんとやり取りしながら頂くのも新鮮だった。

さらに夜には「お夜食」として紫蘇のおむすびが!とか
朝食の後にはお部屋までボウルに入ったカフェオレが!とか、
お風呂上がりに地元の牛乳とかビールをサービス!(←両方とも時間に間に合わなかったけど)とか
音楽や本もそうですが、「そうそう、ここにこれがあったら!」というものが
しっかりと抑えられていて、感心しました。

僕はあんまり旅館に泊まったことが無いので比較が出来ないんですけど
老舗の旅館や新築の旅館、大衆的な宿にも色々泊まってみたいなーと
朝風呂のラジウム温泉に浸かりながら思ったのでした。


タロウ は りょかんあそび を おぼえた!(♪テレレレッテッテー!)


てしま旅館は「てしたまご」「てしまんじゅう」「てしまんじぇ」「あおさ醤油」などの
独自の商品開発もしていて、全国の百貨店でも商品が取り扱われているそう。
番頭さんの運転する帰りの車の中で、いろいろなお話を聞かせて頂きました。
今後の仕事の参考になりそうなお話ばっかりだったなー。

翌日は、山口市内観光に向かいました。

てしま旅館
http://www.teshimaryokan.info/


↓このCDは今度買うと思う。
ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー


Comments

  1. 山口市内観光 | tarolog Says:

    […] 山口・阿知須の「てしま旅館」 […]

  2. こま2@ムーショック Says:

    そっか
    sou-souさんとこの商品は
    ここでも買えるのか!

    いい旅館だね。
    お泊りしたいわ。

    あーマジで旅にいきたい。

  3. タロウ Says:

    あんまり数は無いから、ガッツリ探すなら京都とか東京に
    行った方がいいと思いますよー。

    ここは多分こま2さんにドンピシャな場所だと思うので、
    ミオリンが大きくなったら遊びに行ってみて下さいませ☆

Copyright © TARO MISAKO All Rights Reserved.